リバース細針でぽてぽてことり®を作ってみた!!


こんにちは!

羊毛フェルトのまんまることりへ

ようこそ!!

リバース細針

ベース羊毛でお世話になっている

「ペレンデール鎌倉」さん

色々と面白いニードルがあるのですが

最近発売になった

リバース細針!!!

この針は、刺し固めるのではなく

刺して抜くとき、毛羽立たせる針です。

針先を見ると

バーブ(切れ込み)が逆になっています。

このニードルを使ったら、

どんな子が出来るか作ってみました。

小さな ぽてぽてことり® を毛羽立たせてみた!

この「ぽてぽてことり®」の

すずめちゃんに

協力していただきました(笑)

 

今回のリバース細針は、

毛をニードルで引き出す感じになるので、

生成り色のベースの上に

いつもよりも厚めに色の羊毛を

刺し固めてあります。

頭から毛羽立たせたのですが、

厚くちゃいろの羊毛を

重ねているのも関わらず、

ベースの生成り色が出てきてしまいます。

浅く刺しても、

ベース羊毛が出やすいと思いました。

首からお腹へチクチクチク

羽の部分を刺さないと、

硬いフェザーっぽい感じに

使い分け出来そうです。

今回は尾羽以外すべて刺してみました。

半分刺してみた感じ。

向かって右半分を

リバース針で刺しました。

ボワボワ〜〜!!

軽くカットして、毛の長さを整えると

ちょっと可愛い!!

刺した面はふわふわでも

反対面はいつものぽてぽてことり®

色が濃いと、毛羽立っているのが

わかりやすいですね!

芯の生成り色が出ています。

 

半分だとかわいそうなので、

全身を毛羽立たせてみました。

 

ふわふわ!

こっちの面もふわふわに!

ちょっと子すずめっぽい感じ!

出来上がり〜!

フロッキー加工したような感じで

面白いですね!!

 

フロッキー加工とは、ノリで毛羽を

貼り付ける加工のことです。

有名なものでは

「シルバニアファミリー」のお人形!

あれがフロッキー加工です。

 

お約束の「オシリスキー」!!

 

短い羊毛の肌触りが

可愛らしい作品になりました。

 

リバース細針を使ってみての感想

*ベース羊毛の色が出てしまう

*色分けは、しっかりと

ブロックごとに分けないと

色が混色する

*小さい作品の

縞模様などには不向き

 

ベースの羊毛の色が出てくるのを

見越して作るのもアリだな!と

思っております。

植毛しないけど、

ちょっとふんわりさせたい。

毛足の短い子を作りたい場合は、

大変役立つニードルだと思いました。

 

ふんわりすずめちゃんとして、

作品に取り入れていきたいと

思います。

11月のデザフェスで、

ふくらすずめが増殖しているかも!

 

 

ブログ村ボタンを押して
応援お願いします!!

にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログへ

 

メルマガ登録すると・・

メルマガバナー4_j

羊毛フェルトの

まんまることりでは、

HTMLという

画像付きメールマガジンを

週一回配信しています。

上の緑の枠の画像を

クリックしていただくと、

登録画面になりますので、

ぜひ登録してください!!

IMG_6746

こんなスマホの壁紙もプレゼント!

リアルタイプのすずめちゃんも

可愛いでしょ??

詳しい登録の仕方はこちら↓

nokonokofelt.com/?page_id=908

 

LINE@も配信中!!

LINE@でも、

情報を発信しています!

スマホでこの記事を

読んでくださっている方は、

下記のボタンを

押していただければ、

登録完了です!!

友だち追加数

IMG_6784

LINE@の壁紙はメルマガの壁紙と

変えている場合もあるんですよ〜!

手軽に会話もできるので、

質問などありましたら、

LINEしてくださいね〜!

気持ちが「ほっこり」と

やすらぐ作品を

のこのこからあなたへ

お届けいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »